腰痛でお悩みの方

一口に腰痛と言っても、代表的な「ギックッリ腰・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛」といったよく耳にする病名から、「腰椎すべり症・分離症・脊柱管狭窄症」といった複雑な症状まで、様々な種類の腰痛があり、痛みの場所・症状によって別々の施術法が必要になります。

症状は人によって多少の誤差があると思いますが、「骨もしくは髄核等が神経を圧迫して痛みや症状が発生しているので、神経に当たらないようにすれば痛みが治まる」という事です。

整形外科では外科的な手術を行って、切除や椎間板に圧力がかからないようにしますが、当院では「カイロプラクティックの手技」によって、同様の行為ができるということです。

下記に代表的な「坐骨神経痛」と、複雑な「腰椎ヘルニア」の症状説明と、施術法を記載します。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、「下肢の後部の人体の中で一番太い神経」であり、その神経に伝って痛み・痺れ等がある為に「坐骨神経痛」と言います。

主に「坐骨神経は梨状筋の下を通っている」ために、しばしば梨状筋と接触して坐骨神経痛を起こす為、梨状筋が関与して起こる神経痛を「梨状筋症候群」と言います。

特に女性は男性と違い、「月経(生理)がある為に骨盤の動きが男性と違って多いため」に、非常に女性に多いような印象があります。

当院では「整形外科テスト・筋力テスト等」によって、上記の梨状筋やどの筋肉・神経が関与しているのか?を検査し、当確部位をカイロプラクティック・オステオパシーの手技等によって矯正・弛緩させることによって、筋力・陽性箇所を陰性にしていく事で、下肢・腰痛の症状を改善していきます。

腰椎ヘルニア

簡単に言ってしまうと、「椎間板は木の年輪のようになっており、真ん中に髄核がある。その椎間板に髄核に向けて亀裂が入り、髄核が外側に漏れ出して、神経を圧迫した痛みの事」を、「椎間板ヘルニア」と言っています。

この椎間板自体には「自己修復機能がない」ため、定期的な継続治療が必要になります。

勿論、週1回の治療が2週間、3週間と症状が出にくくなって来ますので、最終的には1月に1回の治療や、3カ月に1度程度にはなってくると思いますが、その方の「生活環境に左右されること」ですので(ずっと立ち仕事や座り仕事・毎週趣味のサッカーやバトミントン等)、そこはご相談をしながら決めて行けばよいと思います。