手足のシビれについて

手足の痺れってどんな症状?

  • 脚の裏側がしびれる
  • 手の指がしびれる
  • 脚の親指がしびれる

・・・・といった様々な症状があります。

手足のしびれの原因

実はしびれには場所によって「神経が違います」ので、その場所によって施術部位・場所が違ってきます。

有名な「坐骨神経痛」とは、脚の裏側にある太い神経で、そこに痛み・シビレが出ることで、このような名前が付いています。

詳しくは「腰痛でお悩みの方へ」を参照。

N.Y.カイロプラクティックの事例

当院でのよく聞く事例として、「手のしびれ」を主訴にした患者様の例を挙げようかと思います。

患者様:30代男性

主訴:肘を曲げていないと、手がしびれ、肘を伸ばした状態では物が持てないとのこと。整形外科に1月ほど通っていたが、効果がなくご紹介での来院。

この方の場合は肘が関係していたので、筋肉が関係したシビレだと思い、手首・肘を矯正し、指先に向かう神経の通り道を、全て弛めることで症状がなくなりました。

手のシビレの施術方法

手に向かう神経は大まかに「橈骨・尺骨・正中神経」と3つあり、どこにシビレが出ているか?によって、施術する場所が変わってきます。

また「筋肉・頸椎」と2種類のシビレがあり、頸椎の場合はシビレの場所を確認し、支配神経の頸椎自体を矯正することで改善します。

筋肉の場合は、頸椎から出た神経は、いくつかの筋肉を通過して、指先まで行っていますので、その神経に触れている筋肉を弛めることで、神経に触れないようにすることで、シビレを改善させます。

アフターケア

患者様自身が行えることも限られますが、できるだけ「左右均等に使う」ことを心掛けることが重要です。

さすがに「はし・包丁・ハサミ」といったものは難しいと思いますが、「ドアを開けるのは利き手ではない方」など、意外とできることはあると思います。

上記の事を実践するだけでも、確実に効果がありますので、行ってみて下さい。